リペアタイルラボ
[全国対応]大規模修繕の
補修・修繕タイル専門店
45二丁タイル
1枚355円~
料金表はこちら
COLUMN

コラム

2024.5.24
コラム

外壁タイル補修の必要性とそのプロセス

画像:AIによる画像イメージ
外壁タイルはマンションの美観と安全性を守る重要な要素です。しかし、気温変化や施工不良によるひび割れ、浮き、剥落が時として発生します。これらを放置すると、タイルが落下し、重大な事故につながる可能性があります。同時に、マンションの資産価値を低下させる要因ともなり得ます。リペアタイルラボでは、このような問題に対処するための一般的な外壁タイル補修のプロセスをご紹介します。

1. 外壁タイル補修の重要性

外壁タイルの補修は、ビルやマンション管理において非常に重要な役割を果たします。
以下にその理由を詳しく説明し、具体的な事例と対策を提供します。

外壁タイルの剥落防止

リスク管理

外壁タイルが剥落すると、そのタイルが歩行者や通行中の車両に当たり、怪我や事故を引き起こす可能性があります。これにより、建物の管理者や所有者は法的な賠償責任を問われることになり、金銭的損失だけでなく、社会的な信用失墜にもつながりかねません。

事例と対策

過去には大きな商業施設でタイルの剥落が原因で重大な事故が発生し、多額の賠償金が発生した例があります。定期的な外壁の点検と、見つかった小さな剥落の兆候に対しては即座に補修作業を行うことが予防策として推奨されます。

マンションの耐久性の維持

建物保護

タイルの隙間から雨水が侵入すると、ビルの骨組みにあたるコンクリートや鉄骨の腐食を早めることになります。これは、長期的に建物の構造的な強度を弱め、大規模な修繕が必要になる前に、多額の費用が発生する可能性があります。

具体的な対策

定期的な専門業者による打診調査を実施し、浸水の兆候が見られるタイルは早期に補修または交換を行います。さらに、防水層の強化や改良も同時に行うことで、水の侵入を効果的に防ぐことができます。

資産価値の保持

市場価値の維持

外壁の美観は不動産の市場価値に直接影響します。タイルがはがれたり汚れていたりすると、「管理が行き届いていない物件」とみなされがちで、これが直接的に不動産の価値を下げることになります。

美観とのバランス

定期的な清掃と点検を行い、必要に応じて外壁タイルを洗浄、または色あせや汚れが顕著な場合は塗り替えを行うことで、建物の美観を保持し続けることが可能です。また、外壁の小さなダメージも早期に修正することで、大がかりな修繕を避けることができます。

2. 外壁タイルの補修方法

外壁タイルの補修は、建物の安全性と美観を維持するために重要です。適切な補修方法を選択することが、効果的な補修と持続可能な結果をもたらします。主に使用される二つの方法は、「接着剤での固定」と「タイルの張り替え」ですが、それぞれの方法は異なる状況と条件に応じて選ばれます。

接着剤での固定

適用条件

タイルが軽度に浮いているか、小さな剥がれがある場合に最適です。この方法は、タイル自体はまだ完整であり、表面的な修正が可能な状態にあるときに適しています。

プロセス

•初期準備: 補修するタイルの周囲を清掃し、接着剤がより効果的に作用するようにします。
•接着剤の適用: 特定のエポキシ樹脂またはポリウレタンベースの接着剤を使用し、タイルの裏面と壁の接触面に適用します。
•固定: 接着剤が固まるまでタイルを適切な位置に保持します。必要に応じて、追加の機械的固定を施す場合があります。

利点

コスト効率が良く、迅速に作業を行うことができます。また、大幅な構造変更を避けられるため、建物の元の外観を保つことが可能です。

タイルの張り替え

適用条件

タイルが広範囲にわたって損傷している場合や、大きなひび割れがある場合に推奨されます。また、古いタイルが劣化して修復不可能な状態のときにも適しています。

プロセス

•タイルの撤去: 劣化または破損したタイルを慎重に取り除きます。これには、特殊な工具が使用されることがあります。
•下地の準備: 取り除いたタイルの下にある接着剤やモルタルを清掃し、新しいタイルの設置に適した平滑な面を作ります。
•新しいタイルの設置: 新しいタイルを適切な接着剤で固定し、周囲のタイルとの間隔を正確に調整します。

利点

新しいタイルを使用することで、外壁の見た目が一新され、長期的な耐久性が向上します。また、新しい技術や材料を導入することで、より長持ちする修正が可能となります。

これらの方法は、タイルの現状と予算、そして求められる美観のレベルによって選択されるべきです。どちらの方法も適切に実行されれば、建物の安全性と美観を長期間にわたって保持することが可能となります。

3. 外壁タイル補修のプロセス

打診調査は、外壁タイル補修の最初のステップであり、全面的に建物のタイルの状態を詳細にチェックすることで、劣化や損傷のあるタイルを特定します。このプロセスには次の要素が含まれます

設備と技術

専用の打診棒を使用してタイルを叩き、その音からタイルの密着状態を判断します。異常な音がする場合、そのタイルは剥がれや浮きが生じている可能性があります。

詳細な視覚調査

打診調査に加えて、専門家が目視による詳細な検査を行い、ひび割れや欠け、その他の可視的な損傷を識別します。

リスク評価

問題のあるタイルが特定された後、それらが構造的な問題を引き起こしていないかの詳細な評価が行われます。

タイルの補修

タイルの補修は二つの主要な方法で行われます:

接着剤での固定(アンカーピンニング工法)

•手順: 浮き上がったタイルに小さな穴を開け、エポキシ樹脂などの強力な接着剤を注入します。その後、アンカーピンを挿入して固定し、タイルが再び基盤にしっかりと固定されるようにします。
•利点: この方法は比較的迅速でコスト効率が高く、タイルを交換する必要がないため原状回復が容易です。
•適用条件: 主にタイルの浮きや小さな剥がれが対象です。

タイルの張り替え

•手順: 損傷が激しいタイルを完全に取り除き、新しいタイルを設置します。これには古い接着剤やモルタルを除去し、新たに下地を整える作業が含まれます。
•利点: 新しいタイルによって外観が一新され、耐久性が向上します。
•適用条件: 広範囲の損傷やひび割れがある場合に推奨されます。

目地の補修

タイルの間にある目地の部分を新たに充填し、タイル間の隙間を埋めて防水性と耐久性を向上させます。

材料

高品質のモルタルやシーラントを使用し、外部からの水の侵入を防ぎます。

重要性

目地の補修は外壁の防水性を保つ上で極めて重要で、適切なメンテナンスが行われていないと、水漏れや構造的な損傷の原因となり得ます。

塗装

タイル補修後の塗装は、主に防水性を高めるために行われます。また、美観を向上させる効果もあります。

材料と方法

クリア塗装や専用の外壁塗料を使用し、耐候性やUVカット機能を備えた製品を選ぶことが重要です。

完成後のケア

塗装後は定期的な点検を行い、塗装の劣化や剥がれがないかを確認し、必要に応じてメンテナンスを行います。

これらのステップを通じて、外壁タイルの補修はビルやマンションの長期的な保全と価値の維持に寄与します。

4. 補修の費用と注意点

補修の範囲と方法によって費用は大きく変動します。事前に専門家による見積もりを取得することが重要です。

施工不良の識別

補修の必要性が異常に高い場合は施工不良の可能性があります。この場合、第三者の専門家による評価が推奨されます。

5. 最後に

外壁タイルの補修は、マンションの安全性と資産価値を維持するために不可欠です。外壁タイルに関する問題が見つかった場合は、早急に専門家に相談し、適切な措置を講じることが賢明です。
リペアタイルラボは、専門的な技術と経験を持ち合わせ、補修に関する修繕タイルをを提供します。既存のタイル制作までの期間が長い・色がなかなか合わない等、大規模修繕の修繕タイルにはリペアタイルラボにお気軽にお問い合わせください。