外壁のタイル補修について

住宅における外壁は空気の中に漂っている塵や紫外線などにより汚れやすく傷みやすい部位であることから、定期的に張り替えといったメンテナンスを講じる必要性があります。

張り替えに用いられる種類は豊富であり、環境により柔軟に変化させられるのですが、共通しているのは天然の資源から生成されているということです。

俗に言う無機質と呼称されるものであり、耐久性と耐候性に特化しているという魅力があります。

ただし、優れた素材だとしても基礎知識を理解しておかなければ正しく補修することは難しいので前もってポイントや方法について理解を深めておく必要があるのです。

今日までの補修タイルというのは粘度や陶石、長石といったものを粉砕した上で板の形状にし、高温状態にして固めることで生み出すものです。

数ある外壁の中でも歴史が古く、古代の建築にも装飾材や外装といった目的で活用されています。

そういった補修タイルは素材が異なり大きく分類すると陶器や磁器などの3つに分けられるのですが最も水に強いのは磁器です。

透明感があり美しいのにも関わらず、耐久性にも長けていることから、補修タイルとして選定して張り替えると満足度が高いです。

もう一つは比較的柔らかめに作られているので、表面上に対して好きな加工が施しやすいという利点があり、装飾を目的として張り替えしたい時にも望ましいです。

そして、陶器は反対に水気を吸収しやすくすることで強度を高くしているという特徴があり、まるで柳の木のように過酷な環境から身を守ります。

このように、補修タイルは張り替えにおいて何を選んでも失敗することはないので、マンションのコンセプトや雰囲気によって選べば良いのですが、意識すべきことは張り替えを怠っていると壁に留まらず建造物全体の耐久性が失われてしまうということです。

マンションの補修タイルのご用命は是非リペアタイルラボまでお気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. 修繕・補修タイル専門のリペアタイルラボ公開しました

  2. マンション外壁タイルの劣化

  3. ビジネスフォーラム大賞 優秀賞を受賞しました

  4. マンション大規模修繕時の外壁のタイル補修について

  5. かすがいビジネスフォーラム2017出店しています

  6. 中部経済新聞に掲載されました